復縁を引き寄せるための、連絡に関する3つのルール

復縁連絡方法

復縁活動をするなかで、「連絡」という要素は復縁を遠ざけも近づけもする諸刃の剣です。交際していた頃の感覚、またはお相手の気持ちを取り戻したい一心で連絡をとると、ほとんどの場合良くない結果に結びついてしまいます。

本当に元カレと復縁をしたいのなら、連絡の頻度や内容、方法については、これまで一度も考えたことがないくらい慎重に、戦略的に連絡をとらなくてはなりません。そこで、復縁を引き寄せるための3つの連絡のルールをご紹介します。

まず欲求と感情のコントロールをし、連絡したい衝動を鎮める

お相手に連絡をとるかどうか考える前に、もっとも重要なのが「欲求と感情のコントロールする術を身につける」ことです。

「復縁したい」という気持ちを紐解くと、「今すぐに彼の気持ちを取り戻して、昔のように幸せだった日々をまた送りたい」という「なくしたものを取り戻す」という欲求にたどり着きます。人間は、一度手に入れたものに激しい執着心を抱くので、その欲求は今まで感じたことがないほどに強い「悲しみ」「怒り」という感情をともない、抑制がきかず衝動的な行動をとってしまうのです。

連絡における衝動的な行動というのは、具体的には以下のようなものです。

  • 復縁を迫るLINEやメールを、高頻度・長文で送る
  • 何度も電話をかけて、謝罪を続けたり復縁を迫ったりする
  • 相手から良い反応が得られないと、泣いたり怒ったりして感情をぶつける

これらのネガティブでヒステリックな行動は、お相手をひかせてしまう原因になるので得策ではありません。

なによりも、これらはお相手のこと一切考えていない、ご自分の欲求を満たすための独りよがりな連絡です。お相手の気持ちを察せない限り、復縁は遠のくものと考えましょう。

まずは、これらの感情や欲求をコントロールし、衝動的な連絡を抑えられるようになることが重要です。とても苦しいことではありますが、これをクリアしなくては、お相手の気持ちをつかむ連絡をとることはできません。

この気持ちを抑えるのが難しい方におすすめしたいのは、「復縁のほかに打ち込むことをつくる」ということです。どうせなら、ご自身を磨いてより魅力的になれるようなことに打ち込んでみましょう。

具体的には、下記の3つがおすすめです。

  • 美容にこだわり、内面・外見を磨き上げる
  • 勉強をたくさんして、難関資格を取得
  • 仕事を頑張り、成果をあげる 

衝動的に連絡をとりたくなってしまったら、大至急打ち込んでいることに取り掛かり気を紛らわせます。これらは自分を磨くとともに、次にお相手と話す時のポジティブな話題にもなりますから、絶対に無駄にはなりません。

連絡をとりたいという衝動が落ち着くまでは連絡を控えて、ご自分を磨くことに専念しましょう。

連絡の口実にできるネタは、時が来るまで温存する

お付き合いが長くなると、ものの貸し借りや、金銭の清算など、いくら険悪な状態でも「連絡をとらなくてはならないこと」がいくつかあるはずです。しかし別れてすぐにこういったネタを、会ったり、電話をしたりする口実として消費してしまうのは、とてももったいないことです。

別れた直後はなかなか冷静にはなれませんし、お相手もあなたに警戒してしまっています。せっかく正当な理由で連絡をとったのに、あなたが感情的になったり、相手が極端に冷たい態度をとったりして、せっかくの連絡のネタを無駄に消費してしまう可能性がとても高いのです。

なので、こういった「連絡の口実にできるネタ」はしばらくの間温存しましょう。

こういったネタの使い方としては、感情と欲求のコントロールができるようになってから、ポジティブで前向きに生きているあなたをアピールするときに使います。

例えば、「長らく本を借りっぱなしにしていてごめんなさい。気持ちの整理もついたし、きちんと返してけじめをつけたい。」という落ち着きのある誠実な内容の連絡が数か月ぶりにきたら、お相手は断り辛いものです。

お相手に抵抗がないようであれば、直接会って話し合い、近状報告の中で前向きに過ごしていることをアピールできたら少し復縁に近づきます。

ぜひ、連絡のネタは大事にあたためておいてくださいね。

連絡をするときは、返信したくなる内容を心がける

あなたが冷静になり、相手の警戒心が薄れ、険悪な雰囲気がなくなったら、少しずつ連絡をとるようにしましょう。くれぐれもこの時、「復縁したい」「好き」という感情が伝わるような内容を送ってはいけません。

接する感覚としては、「とても親しい異性の先輩に連絡をとる」というような態度が丁度良いでしょう。つまり、礼儀や距離感をしっかり保ちつつ、親しくする感覚です

送る内容としては、下記の3点を心がけてください。

  1. 必要事項の連絡(貸し借りの解消など)
  2. 相手の知識を借りるための質問
  3. 相手にメリットがある内容

1.必要事項の連絡

前述した、ものの貸し借りや、金銭の清算などのことです。一番違和感なく、自然に使える口実なので大事に使いましょう。

2.相手の知識を借りるための質問

お相手しか知らない知識や情報を、分けてもらうことを目的にした内容です。例えば、以下の内容が良いでしょう。

  • お相手がもっている資格の難易度や勉強方法を参考に聞かせて欲しい
  • お相手の地元を旅行することになったので、おすすめスポットを知りたい

誇りや愛着があるものに関しては、特に気前よく話してくれるでしょう。

しかし、連絡を取りたい一心で「なぜそれを自分に聞くのか?」というようなことを聞いてしまわないよう、注意が必要です。

3.相手にメリットがある内容

お相手が好きなおものなど、交際中に得た情報があるはずですから、それを活かしましょう。例えば、以下のような内容であれば違和感なく連絡をとることが可能です。

  • デスクワークで肩こりが悩みのお相手に

自分が使って良かったリラクゼーション施設を紹介(クーポンなどがあると更に良いです)

  • 共通の趣味などに関して

余ったチケットの譲渡や、最新情報の共有

こちらについても、わざとらしい連絡になってしまわないよう、内容やタイミングを吟味しましょう。相手の反応が思わしくなければ、すぐに身を引き様子を見てください。

復縁の連絡ルールまとめ

以上、復縁に近づく連絡の3つのルールについてご紹介しました。

誰しも復縁したいという気持ちを抑えるのはとても苦しく、なかなか思うように鎮めることができないものです。ですが、この衝動をコントロールして、自分磨きに励むことができたとき、外見や勉学、仕事の成果だけにとどまらず、あなたの人間性自体にも磨きがかかります。素敵になったあなたに、彼も改めて魅力を感じることでしょう。

今は苦しいかもしれませんが、報われるときが必ずきます。自暴自棄にならず、ご自分を大切にしながら復縁を目指していきましょう。

>>今すぐ復縁したい女性はこちらをご覧下さい<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です