復縁して結婚するために、どうしても必要な3つのこと

復縁結婚

復縁とは、一度なにかしらの理由で別れた恋人同士が改めて相手の良さを感じて再び一緒になるという、非常に強い結びつきの力が働きます。そのため復縁して結婚というのは、決して珍しい話ではありません。

しかし、仮に復縁したとしても別れの原因が解決していなければ、また同じことを繰り返してトラブルが起こり、別れてしまう可能性があります。そのため、元彼と復縁して結婚に結びつけるためには「別れの原因の克服」をすることがとても重要なのです。

そこで、おふたりの関係を以前よりも良好にして「結婚」へと近づけてくれる、「復縁に必要な3つのこと」をご紹介します。

結婚に向けて価値観の違いの溝を埋める

お相手に「復縁して結婚したい」と思ってもらうために大切なことは「ふたりの価値観を近づけること」です。

価値観が似ているとお互いの言動を自然に肯定し合うことができますから、常に行動を共にしていてもまったく苦になりません。一緒にいるほどに肯定の回数が増えて、仲がどんどんと深まっていきます。こういった関係を築ける夫婦にとって、家庭は安らぎの場になるでしょう。

一方で、夫婦というのは互いの価値観を認め合うことができなければ簡単に関係が破綻してしまうものです。同じ家で暮らすと、嫌でもパートナーの言動を見聞きして過ごすことになりますから、許せない言動が多いとイライラが募っていき、喧嘩が起きて険悪な雰囲気になってしまいます。

つまり、「価値観が合わないな」と感じる人とは安らぎのある結婚生活を想像することができないため、「復縁して結婚したい」とは思えないのです。

ここで、復縁のために元彼の価値観を変えようとしてはいけません。価値観を変えるよう強要されると、お相手は不愉快に感じて更に距離をとってしまい復縁自体が難しくなってしまうでしょう。

一方で、ご自分の価値観を変えるのはどうでしょうか?プライドがあり曲げたくない気持ちや、自分を正しいと思う気持ちがあるとは思いますが、元恋人の価値観を無理やり変えるよりも、ご自身の価値観を変える方が簡単です。

少しずつでいいので価値観を彼に寄せていくことで、彼にとって唯一無二の安らぎを感じることができる存在になりましょう。

彼のネガティブな側面を補完できる存在になる

価値観を似せることが重要だと前述しましたが、不得意なことや性格まで彼と瓜二つになる必要はありません。お相手のコンプレックスや、苦手な部分、ネガティブな部分を埋めることができる「正反対」の要素も、結婚を考える要素としてとても重要です。

例えば、旅行の計画をするのが苦手な彼であれば、あなたがかわりに全てプランニングすればお相手は喜ぶでしょう。逆に、旅行先で活発に判断して動き回れるタイプの彼なら、現地での行動はすべて任せて何も口出しせず後ろからついていくのが、彼にとって快適な関係です。

つまり、足りない部分を補完してくれる関係もまた、価値観が似ていることと同じくらいの居心地の良さや安らぎを生み出します。

こういった面についても、元彼の考え方や行動を変えるというのは至難の業ですから、あなた自身が柔軟に対応していく必要があります。元彼女であるあなたなら元彼の得意不得意をよくよくご存知でしょうから、自分はどのように振舞うのがベストなのかを考えてみましょう。

ジェンダーなどによる考え方の違いを、相手の立場に立ち解釈する力をつける

男女平等社会になってきたものの、考え方の「男女差」というものは少なからず存在しています。小さいころに親や社会から無意識にジェンダー的な役割を与えられ「男はこう」「女はこう」と考える思考回路ができてしまっており、家庭や仕事、各役割分担に関して男女で意見の相違が生じることがとても多いのです。

こういった無意識に身についてしまった考え方を双方が理解し合うのはとても難しく、度々トラブルの原因となってしまいます。ジェンダーによる考え方以外にも、お相手の立場に立ってみないと分からない考え方というものがあり、時に戸惑ってしまうことがあると思います。

しかし、こういうときに「理解できない」とすぐに考えるのをやめてしまわず、「なぜ相手がそういう考え方をするのか」ということをお相手の立場に立って想像してみることが良好な関係を築くうえで非常に有効です。

例え最初は考え方の違いから意見がぶつかってしまったとしても、気持ちを想像して冷静に歩み寄ってきてくれたり、理解したうえで和解しようとしたりする態度は「自分の理解者だ」とお相手に感じさせることができます。

これもまた、結婚生活を想像したときに「この人と結婚したい」という願望を持つきっかけとなる要素となりますから、日頃人と接する中でさまざまな価値観に触れて、自分にはない考え方を解釈する技術を身につけましょう。

以上、復縁を結婚につなげるために必要な3つのことについてご紹介しました。

外見の自分磨きに加え、お互いが冷静になるための冷却期間、お相手の心を揺さぶる各種の駆け引きも復縁においてとても重要ですが、最終的に結婚に結びつけるために重要なのは「相性の良さ」です。

結婚生活には安らぎを求める人がほとんどですから、お相手のこころに寄り添える存在になることが必要不可欠といえます。復縁の場合、あなた側に少々の妥協が必要かもしれませんが、だからといって奴隷にように従順になれというのではなく、常に冷静に話し合うことができ、お相手が望むのであれば時に意見をぶつけ合える対等な関係を目指しましょう

復縁を経たカップルが夫婦となると、その関係はとても強固なものになります。幸せな結婚を目指して、復縁活動を頑張りましょう。
>>273人の女性が復縁に成功した復縁の教科書がこちら<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です