喧嘩別れした彼氏と復縁したい人へ。復縁と仲直りの鉄則を教えます。

復縁彼氏

カップルのケンカというのは、本当に些細なことで起きてしまいます。気を許し合ったふたりだからこそ、小さなことが許せなくなって言い合いになってしまうのです。その頻度が多かったり、あまりに感情的になったりした場合、ケンカの勢いでそのまま別れてしまったというケースも多くあります。

一時的な感情の爆発で、心にもないことを言ってしまった事が原因ですから、別れたことを後悔する人は男女問わず多いのが特徴です。

喧嘩別れから復縁を目指している人は、自分の行動に対して反省していて、お相手に謝罪の気持ちを伝えたいと思っているのではないでしょうか?その気持ちを大切して復縁活動を進めていけば、他のケースよりも復縁するのは比較的簡単です。なぜならば、「別れの理由はケンカ、あるいはケンカになった原因」だとはっきり分かっているからです。

喧嘩別れから復縁をするため必要なことは、ケンカになってしまう考え方の癖を排除することです。絶対に、彼氏との幸せな時間を取り戻しましょう。

冷静になる時間、「冷却期間」をとる

ケンカをした直後はお互い冷静ではいられません。人間は自然と「自分は悪くない」と思ってしまう生き物ですから、冷静になりきらないうちに話すと再度ケンカをしてしまう可能性があります。ほとぼりが冷めるまでは、連絡をとらないようにするのがベストです。いわゆる「冷却期間」を2,3か月はもうけることをおすすめします。

ただし、自分の落ち度により彼を怒らせた自覚があって、心から反省しているのであれば、別れた直後にシンプルな謝罪のLINEやメールを入れてから冷却期間とると、相手の怒りの治まりが早くなるでしょう。

ここで大切なのは、絶対に必要最低限以外の連絡をとらないことです。元彼の怒りの感情がまだ治まっていない場合、連絡がくるだけで腹が立って着信拒否やブロックといった行動をとってしまう可能性があります。連絡がとれないと復縁は一気に遠のいてしまうので、連絡をしたい気持ちをこらえましょう。

なぜケンカになったのか、原因を整理する

冷却期間中は、自分磨きをすることに加え、ケンカの原因についても考える期間にしましょう。

ケンカの原因はさまざまですが、大きく分けると2つに分類できます。

  • 自分が怒ってしまい、その中で彼を傷つけて振られてしまった
  • 相手を怒らせることをしてしまい、振られてしまった

ここで大切なのは、ケンカになった原因に「悪意があるかどうか」を見極めることです。

例えば、彼が怒った原因が、彼の愛情を試すためにあなたが意地悪をしてしまったことであれば、お相手が傷つくのは分かりきっていたことなので「悪意がある行動」ということになります。

逆に、彼氏の些細な言動、例えば「気が利かない」などという理由で腹が立って怒ってしまったのであれば、まったく悪意のない彼氏に一方的に怒りをぶつけてしまったことになります。

もし自分に落ち度があると感じているならば素直にそれを認めなければなりません。逆に彼氏に悪意があったのであれば、怒らずに冷静に話し合う術を身に着ける必要があります。

怒らないための考え方を身に着ける

まず、あなたが先に怒ってしまったことが原因で別れたのであれば、なぜ怒ってしまったのかを考えましょう。

ほとんどの場合「彼が嫌なことをした」、裏を返せば「私のことを大切にしてくれなかった」ということが原因で怒りの感情を抱いたはずです。人間には理性がありますから、怒りの感情を抑えて話し合うこともできたはずなのに、即感情を出してしまったのは、「彼は私を大事にして当然なのに、そうしなかった」という甘えが根底にあるからです。

ケンカの原因が些細なことであればあるほど、怒られた彼氏は、悲しくなり、プライドを傷つけられ、面倒くさく思い、最終的にはあなたとの別れを選んでしまいました。そのことを理解しましょう。

「喧嘩するほど仲が良い」というフレーズを鵜呑みにして、意見をぶつけてケンカをした方が仲を深めることができると考える方もいますが、その考えは改めてください。なぜならば、問題に対して冷静に本音で話し合えるカップルの方が、感情的な衝突が少ない分、別れのきっかけになる出来事が少ないからです。

冷却期間明けは、「反省していること、今後はそう簡単には怒らない」ということをアピールして、あなたが変わったことを理解してもらわなければなりません。

怒らせないための考え方を身に着ける

彼氏を傷つける行動をとり怒らせたことが原因で別れてしまった場合、なぜ自分がそんな行動をとったのかを考えることが重要です。

よくあるのが「彼氏の愛を確かめたくて、試すような行動をした」「なにをしても許してもらえると思い、あえて傷つくことを言ってしまった」というものです。これらの根源は、ご自分に自信がないことに原因があります。彼氏が自分に執着していることを確かめることで安心感や気持ち良さが得られるため、それを感じようと何度もこういった行動をとってしまうのです。この行動には中毒性があるので、こういった衝動に駆られた際には自制する癖をつける努力をしましょう。

冷却期間明けは、「もう傷つけるようなことはせず、お相手を大事にする」という姿勢を示し、反省を伝えると良いでしょう。

変わったことを彼氏にアピールし、復縁へ繋げる

冷却期間を終えて、また元彼と話せるようになったのであれば、変わったことを知ってもらう必要があります。純粋に、別れの原因になった出来事に関して謝罪し、考えを改めたことを伝えてしまってもよいでしょう。お相手も、ケンカの際は感情が高ぶってしまいますから、自分に落ち度があったと思っているかもしれません、

記事の最初にも書きましたが、喧嘩別れは一時的な感情の爆発が原因で起こるので、男女ともに後悔することが多い別れの原因のひとつです。お相手も後悔している可能性が高いので、以前のように感情に左右されることなく、少しずつ慎重に様子を見ながら仲を修復していきましょう。

まとめ

喧嘩別れの復縁の方法についてご紹介しました。

恋愛の経験が少ないと、すぐに怒ってしまう理由や、相手を試してしまう理由がよく分からないままにそういった行動をとってしまいがちです。例えこの手順を踏まず復縁できたとしても、同じことの繰り返しになります。ケンカの原因を根本から見直すことが、彼との関係を長続きさせるコツです。

喧嘩別れをきっかけに自分の心を知ることで、今より素敵な女性になることができます。自分を見つめ直すのは辛い作業でもありますが、決して無駄な時間にはなりません。復縁を目指して頑張りましょう。

>>本気で復縁したい女性はこちらをお読みください<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です