半年?1年?忘れられない元彼と復縁する最適な冷却期間は?

復縁冷却期間どれくらい

復縁したくて彼に何度も連絡をとっているのに拒否されたり、無視されたりしていませんか?復縁を成功させるためには、冷却期間が必要になります。

大好きだった人と今すぐ復縁したい気持ちは痛いほどわかりますが、まずは焦らず復縁するための時間を設けることが最も大切です。では、復縁を成功させるためには、どれくらいの時間が必要となるのでしょうか?

復縁までにかかる一般的な期間から最適な冷却期間を考えると?

一般的に、カップルが復縁するまでの冷却期間は2ヶ月から半年程度になるそうです。少なくとも、1週間程度で復縁が可能になる可能性は低そうです。1ヶ月の冷却期間は早いほうだと言われています。

冷却期間は「自分の感情も」冷めさせる期間

単純に、冷却期間のことを、相手に時間を与えると考えるのはやめましょう。なぜなら、いくら冷却期間を置いても自分の感情が「復縁したい!」と前のめりなものになっていると上手くいきにくいからです。

冷却期間は、彼のあなたに対する「やり直したくない!」という感情を冷ますための時間ですが、同時に「自分の感情も」冷めさせる期間ということは忘れないように過ごしましょう。

冷却期間を置くと一体何が起こる?

カップルが別れる理由は様々です。しかし、何らかの理由によって恋人と別れてしまった場合、彼はあなたに対して以下のような感情を持っています。

・気持ちがすれ違っていると思っている

・悪いイメージやマイナスイメージを持っている

・嫌悪感を持っている

冷却期間をおかずに彼に気持ちを押し付けると、さらにこれらの感情が強くなり、復縁がどんどん難しくなってしまう可能性があります。

冷却期間とは、彼のあなたに対するこれらの気持ちを鎮める期間です。冷却期間は、あなたに対するマイナスな感情を鎮めることができるのです。

冷却期間は別れ方によって4種類に別れる

別れる理由がカップルそれぞれで違うように、復縁までの冷却期間もそれぞれ異なります。大きく分けて、冷却期間は以下の4種類に分けられます。それぞれの冷却期間について解説していきます。

・1週間

・1ヶ月

・3ヶ月〜半年

・1年

1週間の冷却期間:穏やかに別れられた場合

1週間の冷却期間で可能な復縁は、穏やかに別れることができた場合です。彼に未練を見せず、スムーズに別れられた場合は比較的短い冷却期間でも復縁が可能になる可能性があります。別れの理由が以下の様な場合は、冷却期間を1週間程度置いてみましょう。

・マンネリ

・忙しさによるすれ違い

1ヶ月の冷却期間:価値観が大きく異なり、ぶつかった場合

1ヶ月の冷却期間が必要な場合は、価値観が大きく異なって彼と意見がぶつかってしまった場合です。この場合は、彼はあなたに対して以下の様な感情を持っています。

・価値観が合わない人

・感情や意見を押し付けてくる人

・自分のことを理解してくれない人

・性格が合わない

この場合の復縁は、1ヶ月の冷却期間を設け、内面と外面を磨くことが復縁に効果的です。特に、あなたの内面に対して良いイメージを持っていないので、自分の内面について客観的に考えてみましょう。

内面を磨くとは?

外面を磨くのは具体的な対策が沢山ありますが、内面を磨くのは人それぞれ対策が違うので、とても難しいですよね。例えば、忙しい彼にかまってほしくて日頃からメールやLINE、電話攻撃をしたり、浮気を疑って束縛したりしていませんでしたか?まずは、日々の生活で楽しいことに集中したり、人を信用することを意識してみましょう。

上手く彼と復縁できたとしても、「どうせ浮気してるんでしょ」といったように拗ねると、再び「だから嫌なんだよ」と別れてしまうこともあります。再び復縁した時のことを想像して、どうしたらお互いにストレス無く長く付き合っていけるかを考えてみましょう。

3ヶ月〜半年の冷却期間:復縁を迫ってしまった場合

別れ際に復縁を迫ってしまったり、1週間以内に何度も復縁を迫ってしまった場合は3ヶ月〜半年程度の冷却期間が必要です。

彼はあなたに対して「言うことを聞いてくれない人」というレッテルを貼ってしまいます。この場合、1週間や1ヶ月で再び復縁を持ちかけると、無視されたり音信不通になってしまいます。無視するくらい今のあなたとは連絡を取りたくないという彼の気持ちを尊重してあげましょう。

彼に対して気持ちが落ち着いていると自分で思っていても、客観的に見るとまだまだ気持ちが熱くなっていることも多いようです。苦しいとは思いますが、しっかりと冷却期間を設けましょう。

1年の冷却期間:別れの理由が深刻な場合

別れの理由が以下のように深刻な場合は1年程度の冷却期間が必要なようです。

・あなたの浮気が原因で別れた

・日頃から喧嘩ばかりして、価値観の違いが露呈していた

・あなたの人間性を大きく否定するような別れ

また、以下の様なケースで別れた場合も1年程度の冷却期間が必要となります。

・別れ際に彼を猛烈に怒らせた

・別れ際に警察沙汰になった

・別れ際に第三者を巻き込んで後味の悪い別れになった

自分の最適な冷却期間を知るには?

このように、最適な冷却期間は別れの理由や別れ方によって異なります。

綺麗に未練を見せずに別れられた時ほど冷却期間は短くて済みます。反対に、別れ方が酷くなったり明らかにあなたに非がある場合や第三者を巻き込んだ場合、冷却期間はかなり長めに取るのがいいと考えられます

今一度彼との交際や別れ際を振り返ってみましょう。彼とあなたのことをよく知る第三者に客観的な意見を求めてみるのもおすすめです。

冷却期間は一切の連絡を取らないこと

冷却期間だから、自分の気持ちは大丈夫だからと言い聞かせて彼に連絡を取ろうとする人がいますが、それは冷却期間でもなんでもありません。客観的に見ると、気持ちが落ち着いていない人が大半です。

気持ちを落ち着かせるには、時間が必要になります。連絡したい気持ちはとてもよくわかりますが、まずは連絡を一切絶ち、SNSなどにも反応しないように気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冷却期間のはじめは、とてもつらいものです。特に、突然別れを告げられたりドロドロした別れになってしまった場合は、毎日彼のことしか考えられなくなってしまうでしょう。

たっぷりと自分を癒やす時間を取り、女友達や家族と遊んだり、彼以外の男性と出かけることも視野に入れてみましょう。彼と会った時に焦りが見えないように自分自身を成長させることを意識して冷却期間を過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です