【原因別】別れてしまった元彼と復縁する方法

復縁効果のあった方法

復縁の方法は、別れの原因に合わせてカスタマイズをしていく必要があります。しかし、別れの原因が一言では言い表しにくい複雑な場合も多くあり、型にはまった別れというのはなかなかありません。複合型の原因で別れた場合、復縁の方法も柔軟に選び直して対応することが必要です。

そこで、ぜひトライして欲しいのが、「いろいろな別れの原因に適した、復縁方法を知る」ということです。

ご自分や彼氏の性格に加えて、別れの原因となった出来事を熟考し、ご自分だけの復縁計画を作りましょう。別れてしまった原因別、復縁の方法の傾向についてご紹介します。

復縁方法1.彼に他に好きな人ができた、彼が浮気をした

この場合におすすめしたい復縁プランは、下記のとおりです。

  • 感情をあらわにしない事
  • 優しさと冷たさを交互に出し、相手の罪悪感を揺さぶる
  • 自分を磨くこと
  • 他の異性をチラつかせる

浮気をすればあなたが悲しむだろうということは、お相手は百も承知で裏切っているでしょうから、それなりに罪悪感を抱いています。

そこで、感情をあらわにせず「とても悲しく残念だけれど。あなたの幸せを願うから。」というような、聖母のような態度を一貫することがベストです。

この方法は、まず彼の罪悪感を大きくする効果があります。次に、こういった冷静で広い心を持つ女性というのはそうそういません。今後好きな女性とトラブルが起きた時に、 必ずあなたを寛大さを思い出すことになります。

喧嘩をしてないのであれば、今後も元彼と連絡をすることも度々あるでしょう。 その際は基本的には優しく、時折あしらうように強弱をつけて、相手の心を揺さぶります。他の男性の気配を見せて見るのも効果的でしょう。また、協力者が得られるのであれば、優しく平然と振舞うあなたが「実は心の底から悲しんでいること」を、彼本人の耳に入るよう手伝ってもらいましょう。

相手の罪悪感を増長させ、手放したものが大きかったことを知らしめるのが、復縁にうまくつなげていくコツです。

復縁方法2.喧嘩をしてしまった

この場合におすすめしたい復縁プランは、下記のとおりです。

  • 冷却期間を置く(2,3か月)
  • 喧嘩の原因の解明、解決
  • 感情のコントロール方法を身に着ける
  • 問題点が解決したことをアピールする

喧嘩によって別れた場合、お互い感情的になって冷静ではなくなっています。そこで双方の感情が落ち着くまでしっかり冷却期間を取りましょう。

冷却期間中には、なぜ喧嘩が起きたのかを深く考え、その原因を知り、解決することが大切です。特にあなたが激しく怒ってしまった場合、お相手はとても傷ついています。今回たまたま復縁できたとしても、感情のコントロールができないのではまた同じことを繰り返してしまいます。本来であれば人は怒りをコントロールできますから、怒ってしまわないで済む方法を考えましょう。

冷却期間を終えてまた彼と話せるようになったら、喧嘩になってしまった件についてきちんと謝罪し、同じ問題が二度と起こらず、喧嘩にならないということをアピールするのがおすすめです。

復縁方法3.価値観の違い

この場合におすすめしたい復縁プランは、下記のとおりです。

  • 冷却期間を置く(数か月)
  • 原因となった価値観の違いについて、自分が妥協できるか考える
  • 自分磨きをする(内面重視)
  • お相手の価値観を認める

例えば、連絡の取り方、日頃の態度、趣味に対する意識、結婚に対する意識など、どうしても譲れない価値観が原因となって別れてしまったケースです。ほとんどの場合、思い通りにならないことにイライラをし、喧嘩も併発していることでしょう。

この場合、相手の価値観を変えようと躍起になればなるほど、彼は頑固になってしまいます。もしあなたの価値観を、誰かが「変えろ」と高圧的に言ってきたら、なかなか従えませんよね?なので、まずはご自分の価値観を曲げたり、柔軟にしたりして、彼の形にあわせる決意が必要です。

おすすめしたいのは、自分磨きの一環でいろいろな価値観に触れてみることです。価値観の厚みが増すと、色々な方向から物事をみることができるようになり、お相手の許容できない価値観に対しての抵抗が和らぎます。

冷却期間が終わってからは、彼の価値観を認め、自分がの価値観が変わったことをアピールすると良いでしょう。柔軟な対応をされると、相手も歩み寄る気持ちが湧くものです。結婚に対する意識など、どうしてもお相手の価値観を変えたい場合は、ソフトな態度で価値観を変えるメリットを日常的に刷り込んでいくことが有効です。

復縁方法4.好きかどうかわからなくなったと言われた

この場合におすすめしたい復縁プランは、下記のとおりです。

  • 冷却期間を置く(半年以上)
  • お相手を責めることなく、肯定的な態度をとる
  • 自分磨きを徹底してイメージチェンジする
  • 生活を充実させる
  • 他の男の影をチラつかせる

比較的、復縁するのが難しい部類になります。特に、好きかどうか分からなくなった原因がいまいち分からない場合は、長期戦を覚悟しましょう。

別れる際に喧嘩すると復縁しにくくなりますから、広い心で別れを前向きに承諾し、あらかじめあなたの寛容さをアピールしておくのが効果的です。

このケースでは「劇的に変化する」ということが求められます。「好きでなくなった」というのは、「ときめかなくなった」ということですから、復縁するためには新鮮な良いイメージを与えて、再度強烈なときめきを抱かせなくてはなりません。

長い冷却期間を終えて、とても綺麗になって生活も充実しているあなたが、彼に対して、とても寛容で肯定的で、他にない理解者であった場合、彼は手放したものの大きさに気づくでしょう。また、別の男性の気配を彼にチラつかせることで心を動揺させることができるので、とても効果的です。

まとめ

以上、原因別の復縁の方法をご紹介しました。

自分には関係ないと思っている別れの原因の復縁方法も、あなたの復縁を手助けしてくれる補助知識となってくれます。ぜひ、幅広く知識やテクニックを知っておきましょう。復縁がうまくいくよう、心から応援しています!

>>もっと確実な復縁の方法を知りたい方はこちら<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です